Y・N君 慶應大学法学部合格

普通の予備校では、どこの学校を目指していようがレベル分けや公私で分けたりはしさえすれども、大体同じような勉強をさせます。

全く問題形式が異なる慶応・早稲田を志望する人達が同じコースに入れられて、全く同じ勉強をさせられるほどです。しかし、先生は僕の志望校の志望学部の過去の傾向を元に無駄のない勉強をさせてくれました。そのおかげで勉強によるストレスもそれほど感じずに、僕の志望校合格するための的確な学習プランで勉強させてくれました。さらに、その勉強自体が質の良いわかりやすい授業なので、自力(或いはそこらへんの予備校など)で、ただ、がむしゃらに勉強するより遙かに有意義で効率の良い勉強ができました、

実際、僕の勉強量は他の慶應大学合格者に比べて圧倒的に少ないと思いますし、僕自身がそこまで勉強が得意というわけではありません。それでも僕が志望校に合格したのは先生の『慶応スナイパー受験』勉強法によるものと、僕は今でも思っています。