K・Y、K・Aさん 南山女子中学校、慶應大学医学部、名古屋大学医学部合格

娘二人が南女に通っています。年は離れていて長女が高校1年生、次女が小5でした。上の姉は名進研に通っていて、親からみても優秀で全く親の手を煩わせることなく、塾だけで合格しました。

姉は医学部を目ざしていて、中学の最初の頃は良かった成績がだんだんと下がりだし、中3の頃には平均点を取れない科目が多くなり、塾に通い、勉強時間はそれなりに確保している方だと思っておりました。そこで、知り合いのママ友の方より鶴岡先生に家庭教師を頼みました。家庭教師は辞めた方が良いと言う方もいらっしゃいましたが、私は逆に家庭教師をすすめます。

鶴岡先生は、中学入試はした事こそありませんが、某有名私立入試進学塾に勤務していたころから大変人気がある先生だという事でした。ところが、鶴岡先生が言っていたのは、中学受験は南女の半分が名進研や日能研から入ってくるけれども、医学部に合格する子の中には名進研卒がほぼゼロ、日能研でもごく少数ということでした。中学受験でどんな勉強をしてきたかが6年後大きな差となって現れるという事でした。鶴岡先生も、南女は学校の授業だけで医学部合格はできないので、そこに気付いて自分で勉強を組み立てて行ける子しか医学部や東大は合格しないと言っていました。上の子は名進研が大好きで、塾には喜んで通っていましたが、確かに家では宿題をする程度、自分で考えて何かをやるという事はありませんでした。先生は『物量作戦で宿題をこなすだけの勉強では、合格後成績面でかなり苦労しますよ』と仰っていた意味が姉の現状を見てすぐ判りました。

鶴岡先生が長女に教えてくれるようになって、英語と現代文の指導と勉強法や学習の管理をメインに行なって頂きましたところ、本当に順位が上がってきました。まだ中1の頃の位置まで戻っているとまではいきませんが、先生が医学部現役合格の為にと決めてくれた目標にはもう少しというところまで上がってきました。塾も先生と相談し辞めてしまい、勉強は鶴岡先生だけです。先生の存在が彼女にとってものすごく良い刺激になり、先生に提案されたに金沢大学と慶応大の医学部を目指すと言う様になりました。高校3年生の時、河合塾の全統マーク模試では英語は満点で全国1位を取ってきました。親としては誰に言われる事も無く、先生がいないときにも子供が自ら前向きに努力する姿勢がとても嬉しく感じられました。

その間、下の子が中学受験を考える年になりました。上の子と比べると学力的に高い訳では無く、受験も本人が望めばと考えていたのですが、お姉ちゃんを見て私も南女に行きたいと言いました。そこで、塾に入ろうかどうか迷い、鶴岡先生に相談しました。先生は、ただ合格すればいいというなら名進研+家庭教師、普通に伸ばして行きたいのなら、日能研、場合により家庭教師を依頼しフォローする、入ってから上位を狙いたいのなら、浜学園、場合によって家庭教師のみでも可と言われました。上の子の様子を見ていて家庭教師だけではだめですか?と聞いたら、本人のやる気とご家庭の御覚悟あればそれがベストと言われました。丁度ご紹介頂いたママ友のご長男が塾なしで合格しているので、それならば鶴岡先生が適任という事で、5年生から2年間先生の指導で受験に臨みました。週に1~3回、休み中には時間数を増やしました。模試だけ塾で受けながら不安も色々とありながらのチャレンジでした。

終わってみれば、親の目には上のお姉ちゃんには勉強ではかなわないと思っていた妹が、優秀なお姉ちゃんと引けを取らない学力を身につけて合格できました。鶴岡先生も次女の事を『とても優秀ですよ、入ってからはお姉ちゃんを追い抜かそうね。』とすごく下の子を持ち上げてくれました。入ってからはまだわかりませんが、お姉ちゃんの経験を活かし、鶴岡先生に自分で学習計画を立てようと協力してもらい、長女と同じく鶴岡先生のフォローだけで進めました。

他の南女生のご家庭のお母様がおっしゃっているとおり、南女の大半が塾から合格している受験生です。しかし、医学部に多数合格させている先生に聞くと、塾や予備校のおかげで受かったとか、それが合格の条件でしたという子は上位にはほとんどいないそうです。最終的に塾や予備校任せでなく、一人一人の生徒さんに対してどのように受験に対してのパッケージングをしていくかだと思いますよ、という先生の言葉どおりなのだと思います。

それから娘達の学習へ対する姿勢が大きく変わり、今では鶴岡先生の指導を2人共終えて無事志望校に合格しました。結果は、長女が慶応大学医学部に進学、次女が名古屋大学医学部進学と思ってもいない嬉しい結果になりました。今では両親ともに医学部の月謝を払うために汗をかいて必死です(笑)。それでも、子供達が社会に出るまでの最後の親の役目と思い頑張っています。我が家では鶴岡先生の存在がとても大きいものでした。5年間の長きにわたり本当に有り難うございました。